#恵比寿 #事務所 #インテリア マイナーチェンジしてみた。

富吉晴隆さん(@harutaka.tomiyoshi)がシェアした投稿 –

写真は東京都恵比寿にある僕の事務所。コンクリート打ちっぱなしのモダンな内装が気に入っている。インテリアのコーディネートが上手くできないという人は家具の色を3色に抑えてみると上手くいくので試してみては。分け方の基本は

ベース・カラー
アソート・カラー
アクセント・カラー

という考えかた。比率は上から6:3:1が良いとされているけど、4:4:2でも良いかもしれない。家具には微妙な色合いがあるので厳密に3色だけに絞るのは現実的に難しい。そういう時はカテゴリーで分ければ問題ない。僕の事務所だったらベース・カラーはコンクリートのグレーと、床の白。アソート・カラーは黒い家具とダーク・ブラウンの木の家具。そしてアクセント・カラーがオレンジだ。このように似通った色でカテゴリー分けをして、それぞれの配色対比率を考えるとインテリアのコーディネートは上手くいきやすい。また、初心者は寒色は寒色、暖色は暖色でまとめた方がコーディネートが上手くいきやすい。例えば僕の事務所ではブラウンが使われているが、ブラウンは明度・彩度を上げるとオレンジにもなる。だからブラウンとオレンジは相性が良いのだ。寒色、暖色はその字面からイメージできる通りで青系は寒色。赤系は暖色と呼ばれる。緑なんかはどちらにも属さない中間色とも呼ばれる。

僕は半ば趣味でカラー・コーディネイターの資格を取った。資格自体はどうでも良いのだけれど、その時に勉強した知識はこんな時に役に立っている。インテリアを学びたいと思っている方はカラー・コーディネイターの資格を取ってみるのも良いかもしれない。繰り返しになるが、僕は資格自体はどうでも良いと思っている。けど勉強する時の1つの到達地点として考えると資格というものは分かりやすく良いと思っている。

因みに僕は事務所でも自宅でもイームズ・チェアのリプロダクトを愛用している。リプロダクトとは簡単に言うとデザインの意匠権が期限切れとなり、誰でも自由にそのデザインを使えるようになったもの。イームズ・チェアで言えば、チャールズ&レイ・イームズ夫妻のデザインを他の製造者が利用し製品化しているもの。本物のイームズ・チェアは高い。もちろん見る人が見れば本物かリプロダクトか分かるだろうが、リプロダクトも非常に精巧なので、簡単にそのデザインを味わいたいのならリプロダクトで良いと僕は思っている。